作成 2022.6    

 

5 古代ギリシア彫刻(紀元前4世紀以降)

紀元前4世紀以降のギリシア彫刻は古典後期に分類され、
さらにヘレニズム期に入っていく。
古典盛期の量感たっぷりの造形から見ると、
かなり技巧的になるが、
それでも、まだまだ生命感に溢れている。

 

NEW-WORKS
1《クニドスのメデテル》紀元前340〜330年 
大理石 高さ1.53m ロンドン 大英博物館 
中学生の頃、美術教材の小さなモノクロ図版で見た。
それからずっと魅せられ続けてきた。

 

  

LAKE-YAMANAKA
2《シヌエッサのアフロディテ》紀元前4世紀?(諸説あり) 
大理石 高さ1.82m 
ナポリ美術館
何世紀の作でもいいよ。とにかく素晴らしい裸像。

 

   

LAKE-YAMANAKA
3《サモトラケのニケ》紀元前190年 
大理石 高さ2.45m 
パリ ルーブル美術館
わがブログの2012年8月に私がルーブルで撮った写真満載。

 

   

LAKE-YAMANAKA LAKE-YAMANAKA
4《うずくまるアフロディテ》原作は紀元前250年 
大理石 高さ1.06m 
ローマ テルメ美術館
ここでは模刻像を掲載しない方針だが、これは特別。

 

   

LAKE-YAMANAKA
5《うずくまるアフロディテ》原作は紀元前250年 
大理石 高さ0.98m 
パリ ルーブル美術館
この像は模刻が多いらしい。ルーブルの像も素晴らしい。

  

   

ルネサンスとは和訳すれば文明復興。
古代ギリシアへの憧憬は限りなかった。
ミケランジェロも以下の彫像の発掘に立ち会ったという。
自分を《ベルヴェデーレのトルソ》の弟子だと言い、
《ラオコーン》を芸術の奇蹟と絶賛した。
ギリシア盛期の原作に比べれば、技巧に走った作品。
しかし、ミケランジェロはこれらの彫像からエネルギーを得た。
それはまことに頷ける芸術の伝承である。
   
 

        

LAKE-YAMANAKA LAKE-YAMANAKA 
6《ベルヴェデーレのトルソ》紀元前1世紀 
大理石 高さ1.59m 
ローマ ヴァティカン美術館
*ミケランジェロは「自分はこの彫刻の弟子だ」と誇っていた、とのこと。

 

   

LAKE-YAMANAKA
7《ラオコーン》(部分)紀元前2〜1世紀 
大理石 高さ1.84m 
ローマ ヴァティカン美術館
*ミケランジェロが「芸術の奇跡」と絶賛した。

 

   

掲載したいギリシア彫刻はまだいっぱいある。
切りがないから、このページはここまで。
オマケに、初期の馬の彫刻と
厳格な様式の時代の代表作《ポセイドン》をアップしておく。
ギリシア彫刻の源流?
   
 

        

LAKE-YAMANAKA
8《アルテミシオンのポセイドン》紀元前450年以前 
青銅 高さ2.09m 
アテネ 国立美術館

 

   

LAKE-YAMANAKA
9《馬》紀元前8世紀後半 
青銅 高さ0・16m 
ベルリン 国立美術館古代館

 

       

 

 最初のページ       エントランス 
Head Page Page    ENTRANCE