作成 2022.6    

 

4 古代ギリシア彫刻(紀元前5世紀前後)

今から2500年ほども前のエーゲ海につき出したペロポニソス半島に
ギリシア文明が栄えた。
その大理石彫刻は現代に生きるわれわれをも驚嘆させる。
人体美のすべてがいきいきと表現され尽くした。
静謐も躍動もある。
硬い石とは信じがたい柔和な肉体が
横たわり、踊り、静かに立ち、また腰掛けている。
人類は美術史の初めに美術史上最高の人体表現に達してしまった。
その後裔たちはただ感嘆し繰り返すだけだ。
その敬慕の果ての繰り返し作業は限りなく楽しい。

 

NEW-WORKS
1《アフロディテの誕生》紀元前460〜450年 
大理石 幅1.43m ローマ テルメ国立美術館 
*ルドヴィッシの三面浮彫主面。

 

  

LAKE-YAMANAKA
2《サンダルの紐を解くニケ》紀元前410年 
大理石 高さ1.06m 
アテネ アクロポリス美術館
アテナ ニケ神殿 胸壁浮彫の中。

 

   

LAKE-YAMANAKA
3《牛をひくニケ》紀元前410年 
大理石 高さ1.06m 
アテネ アクロポリス美術館
アテナ ニケ神殿 胸壁浮彫の中。

 

   

LAKE-YAMANAKA
3《牛をひくニケ》(部分)紀元前410年 
大理石 高さ1.06m 
アテネ アクロポリス美術館
アテナ ニケ神殿 胸壁浮彫の中。

  

ギリシア彫刻はどれも生命力に満ちあふれ、
性的魅力もいっぱいで、それでいて無限に上品。
知性と理性、生の喜びが充満している。
ニケ神殿の浮彫は彫刻と絵画の中間?
ものすごく惹かれる。いつまでも見ていたい。
どうしてこんなに素敵なんだろう?
考えたくない。ただ見ていたい。
そして自分でも、出来ればこういう線が引きたい。
   

        

LAKE-YAMANAKA
5《カリアティード》(部分)紀元前420〜406年 
大理石 高さ2.37m 
アテネ パルテノン神殿内エレクテイオンの柱状少女

 

   

LAKE-YAMANAKA
6《三美神》紀元前440〜430年 
大理石 高さ1.14m 
アテネ パルテノン東破風(大英博物館)
*この彫刻を人類に残してくれた神様に深く感謝する。

 

   

LAKE-YAMANAKA
7《イリス》紀元前440〜30年 
大理石 高さ1.20m 
アテネ パルテノン西破風(大英博物館)
*静謐の三女神。躍動のイリス。

 

   

LAKE-YAMANAKA
8《ラボルト》紀元前440〜30年 
大理石 高さ1.20m 
アテネ パルテノン西破風(ルーブル美術館)
*イリスの顔と比定されているが、信じがたい。
*三女神の誰かという感じ。

 

   

LAKE-YAMANAKA
9《セレネの馬》紀元前440〜30年 
大理石 長さ0・85m 
アテネ パルテノン東破風(大英博物館)

 

       

 

 最初のページ       エントランス 
Head Page Page    ENTRANCE