イッキ描き ギャラリー
  Drawing at a heat Power Gallery  Ossamu KIKUCHI's Super Croquis
since 1997.2.10



《1歳5か月の孫娘》 pencil on paper 31.3×22.0㎝

このデッサン、40年前に描いた娘の絵とそっくりだ。
母と娘だから似ていて当然だけどね。

 

You Tubeが順調に更新されています。チャンネル登録数125(=100越え)。

美術の案内人はクマサクこと中尾氏。
破壊するのは『とらきち』こと菊地です。
狙いは美術漫才? 現在80回分をアップ。
上野の西洋美術館所蔵作品をしゃべっています。
ほぼ毎週更新中です。
 

上の画像をクリックしてお入りください。 

 

新企画・最大級の個人ネットギャラリー

*8割がた完成しています。
まだ少しずつ改造中です。
 
 


上の画像をクリックしてお入りください。
このページは現在制作中です。画像実験のためアップしています。

 

新企画・最大のネット美術館

少しずつ所蔵作品を増やしていきます。
モネのページもアップしました!
 
 


上の画像をクリックしてお入りください。
このページは現在制作中です。画像実験のためアップしています。

 

 

コロナ禍の終息は遠いです。
本当に困っています。
 
 

 


画像をクリックして画像付き絵画小説にお入りください。
最近停滞気味。

 

 

≪アート・レゾンホームページ≫テオ画材舗


上の画像をクリックしてお入りください。
本格純性油性麻キャンバスを格安で。

価格表は、税込表記に変更しました。
6月6日(月)~8月26日(金) 夏のロングセール開催中です。

 

 

菊地理自選作品集
A4フルカラー46点収録。1000円(消費税、送料すべて込み)

ここ20年間ぐらいの絵、最新作まで選びました。増刷完了。残り僅かです。ご注文ください。

 




 

 

『絵の話』アーカイブス
 

『大特集・印象派大研究━彼らはなにをやろうとしたか?━』

1997年ごろの文章。アイコンが見つかったのでそのままアップした


*『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む』シリーズは下の絵の話に移動しました。

イッキ描きとは何か? English edition
英語版=英文表記にご批判ください
What's ikkigaki? (English edition)


 

 

次回クロッキー会

新型コロナウイルスのためお休み中です。再開の目途は立っていません。

1回2000円 8回回数券1万5千円。回数券の有効期限なし

 

ラファエロ『アテネの学堂』 you-tubeにアップ。

ラファエロ『アテネの学堂』を下絵カルトンと比べました。

 

 you-tubeにアップ。

中高校生向け絵画の見方(のつもり)。造形的に絵を比べました。続けてどんどんアップする予定です。

『モネとルノワール』/レオナルド2枚の『岩窟の聖母』/レオナルド『聖アンナと聖母子』/ラファエロ『アテネの学堂』
 

『イッキ描き実演』 you-tubeにアップ中。2004年7月のテレビ番組です。
My painting movie on TV. I painted with oil on 53.0×65.2cm's canvas for 9 minuits.

 

『イッキ描きブログ』 ただいま毎日更新中。

最新タイトル:8/12「筋トレ絵画鑑賞《、8/11「孫ロス《、8/10「AIと将棋のこと《、8/9「とにかく最後まで読む予定《、
8/8「二つの対比《、8/7「中国北宋時代《、8/6「ぐんぐん惹かれる《

 

ずっと見ていたい何度も味わいたい 西洋絵画鑑賞ガイド ~筆の喜びとは?~
現在、ブログで公開中
A4フルカラー26ページ1000円の予定

ティツィアーノからルオーまで


現在、ブログで公開中
2020年3月10日~3月28日に掲載中。


唇 寒(しんかん)―毎週土曜日の朝更新22.8.13(土)
(ここの文章には文字化けがあります。読みづらい方は『唇寒』でお読みください)

《ミレニアムアート2》

1000年単位の未来。今の人類の文明がすべて消え去った後に発掘される美術

品。果たしてその運命は?

ピカソ(1881~1973)の晩年の絵を美術品として大切に扱ってくれるだろう

か?

アンディ・ウォーホルは? バンクシーは? そのほか多くの抽象表現はど

うなるのだろうか?

私の予想ではとても厳しいことになるような予感。この世のなかでは億単位

の価値で扱われているけど、見向きもされないのでは? 現美術界は頭がイ

カレテイルと思う。もちろん、私の勘違いかもしれない。

よくわからない。

私は最近マティス(1869~1954)の《コリウール》が凄くいいように思って

いる。私の父はマティスを認めていなかった。私自身もずっと冷たい感じが

して、イマイチだと思っていた。しかし、最近《コリウール》(1905年 油

彩 カルトン(厚紙) 24.5×32.5㎝ 東京 アーティゾン美術館)がムチャ

クチャいいように思うようになった。マティスが36歳のころの小さな絵。こ

の絵は数万年後の未来人は評価してくれるのだろうか?

私も自分の絵が未来人に捨てられないように頑張りたい。遠い将来の未来人

に情実は利かない。

《コリウール》の図版は2022年8月12日付けブログにアップしておく。

『絵の話』「マティスからの警告《もご参照ください。

 

『新・宇宙の寸法』をおすすめします!

  新しいブログのご紹介。『森への想い』豊富な写真で飾られた、自然讃歌のさわやかなブログです。

 

ここにご紹介していたそのほかのページはリンクに移動しました。  


画歴(profile)  「唇寒《バックナンバー  絵の話  小さな話   絵画教室  クロッキー会

イッキ描きとは何か?  イッキ描きの完成へ  メール  リンク  ブログ 新・宇宙の寸法