イッキ描き ギャラリー
  Drawing at a heat Power Gallery  Ossamu KIKUCHI's Super Croquis
since 1997.2.10



『20水墨裸婦4』 sumi-ink on paper  37.4×26.7㎝ 
探してみると墨で描いた裸婦はけっこう出てくる。この絵も案外いい。

 

コロナ禍終息までもう少しクロッキー会をお休みします。
なかなか終息が見えませんね。私はワクチン2度接種終わりました
 
 

ついにノベルアップで連載開始≪吊画探偵ピカン≫ 吊画の画像を満載した本格絵画小説
現在エピソード10まで進行中です。
また、《アルジャントゥイユの夜明け》改訂版もエピソード12までアップしました。
よろしくお願いいたします。

 

 

≪アート・レゾンホームページ≫テオ画材舗・新装開店
本格純性油性麻キャンバスを格安で。

価格表は、税込表記に変更しました。値上げのように見えますが据え置きです。現在『夏のセール中』です。ご注文お待ちしています。

 

 

菊地理自選作品集
A4フルカラー46点収録。1000円(消費税、送料すべて込み)

ここ20年間ぐらいの絵、最新作まで選びました。増刷完了。残り20冊です。ご注文ください。

 

みなさまの作品集を制作いたします
A4、20ページ、100部、16万円です。
メールにて、ご相談ください。

デジタルデータはCDでご本人に差し上げています。

現在3件終了。



   

最新作=2018年度金井画廊出展作品集

 

最新作=2017年度豊橋個展出展予定作品集

 

最新作=2017年度金井画廊出展作品集

 

 

『絵の話』アーカイブス
 

『大特集・印象派大研究━彼らはなにをやろうとしたか?━』

1997年ごろの文章。アイコンが見つかったのでそのままアップした


*『突然・池田満寿夫と金田石城の対談に割り込む』シリーズは下の絵の話に移動しました。

イッキ描きとは何か? English edition
英語版=英文表記にご批判ください
What's ikkigaki? (English edition)


 

 

次回クロッキー会

新型コロナウイルスのためお休み中です。再開の目途は立っていません。

1回2000円 8回回数券1万5千円。回数券の有効期限なし

 

ラファエロ『アテネの学堂』 you-tubeにアップ。

ラファエロ『アテネの学堂』を下絵カルトンと比べました。

 

 you-tubeにアップ。

中高校生向け絵画の見方(のつもり)。造形的に絵を比べました。続けてどんどんアップする予定です。

『モネとルノワール』/レオナルド2枚の『岩窟の聖母』/レオナルド『聖アンナと聖母子』/ラファエロ『アテネの学堂』
 

『イッキ描き実演』 you-tubeにアップ中。2004年7月のテレビ番組です。
My painting movie on TV. I painted with oil on 53.0×65.2cm's canvas for 9 minuits.

 

『イッキ描きブログ』 ただいま毎日更新中。

最新タイトル:7/23「書き残しておける?《、7/22「絵を描いていない《、7/21「『アルジャントゥイユの夜明け』以降《、7/20「絵画小説のネタは尽きない《、
7/19「体重増加《、7/18「新型小説は簡単じゃない《、7/17「休み中に思ったこと《

 

ずっと見ていたい何度も味わいたい 西洋絵画鑑賞ガイド ~筆の喜びとは?~
現在、ブログで公開中
A4フルカラー26ページ1000円の予定

ティツィアーノからルオーまで


現在、ブログで公開中
2020年3月10日~3月28日に掲載中。


唇 寒(しんかん)―毎週土曜日の朝更新21.7.24(土)
(ここの文章には文字化けがあります。読みづらい方は『唇寒』でお読みください)

画集で絵を見ると同時に美術館や博物館にも行って、本物も数多く見た。一人

でも行ったし、父とも行った。

中国水墨画関係は、画集も高額だし、美術館なども絵をなかなか見せてくれな

い。油絵のように頑丈じゃないから5年に1度の展示などの場合も多い。

上野の東京国立博物館には牧谿がない。梁楷(1200年前半活躍)はいっぱいあ

る。夏珪(南宋画院)もある。牧谿は昔の財閥が開いた美術館にあるので、見

て回らなければならない。しかも、滅多に展示しない。極たまに東京国立博物

館などで『中国吊品展』などをやる場合はいっぺんに見られる。

夏珪などになると台湾に吊品がある。台湾の故宮博物院には中国の北宋時代の

傑作がゾロゾロある。しかも驚くほど大きな絵だ。

二玄社がその精密な複製画を売り出したことがあった。私も6万円出して巨然

(10世紀ごろ)の《層厳叢樹図》を買った。徐渭(1521~1593)の石榴の絵も

買った。実物大の複製画だ。

と言うわけで、私はほとんどの実物を見ている。

ただし、台湾の故宮博物院にはまだ行っていない。また、アメリカの美術館に

もほとんど行っていない。アメリカにも宋の水墨画の吊品が多く所蔵されてい

る。もちろん印象派の傑作も多い。日本に来た場合は出来るだけ見に行く。

実物を見てカタログや画集を所蔵して繰り返し見る。ポスターになっている場

合は壁に貼ってしょっちゅう見るようにする。

父は家具や調度、茶わんや湯飲みなどもいいものを使えと言っていたが、私は

貧乏人なので、そんな余裕はない。コーヒーカップだけは数千円のものを使っ

ている。以前は大倉ローズばかり使ったけど、今はもっと安いカップだ。でも、

4000円ぐらいする感じ。

そういうのって、ヴァルールが身に付くンだよね。ヴァルールって本当にむず

かしい。子供のころから目にし、出来れば耳も鍛えたい。いやいや実際のコン

サートに行くのは至難。歌舞伎にも簡単には行けない。ヴァルール修得には金

がかかる。

 

『新・宇宙の寸法』をおすすめします!

  新しいブログのご紹介。『森への想い』豊富な写真で飾られた、自然讃歌のさわやかなブログです。

 

ここにご紹介していたそのほかのページはリンクに移動しました。  


2012年南フランスの旅  

作品集(1年以内)   作品集(ここ1~2年)  作品集(数年前)   

画歴(profile)  「唇寒《バックナンバー  絵の話  小さな話   絵画教室  クロッキー会

イッキ描きとは何か?  イッキ描きの完成へ  メール  リンク  ブログ 新・宇宙の寸法